初心者のための家族葬情報サイト

家族葬は小規模で行うという比較的新しいスタイルの葬儀であるため、思わぬトラブルが起こる場合があります。
一番多いのは、親族から理解されにくいということであり、親族なのに呼ばれないことや、無宗教で行ったことなどに対して反感を買っていまうということが起こり得ます。
そして友人や知人に関しても、基本的には会葬を断るため、後日自宅へ弔問に訪れるというケースがあり、その対応が予想以上に大変になってしまう場合があります。

家族葬で起こりがちなトラブル

家族葬で起こりがちなトラブル 家族葬は身内だけで行う小規模な葬儀であり、最近よく選ばれている葬儀スタイルですが、新しいスタイルゆえのトラブルが起こる場合もあります。
一番多いと言われているのは、親族から理解されにくいということです。
親族なのに呼ばれなかったことや、身内だけの式なので無宗教で行ったことなどに対して親族から反感を買う場合があるため、事前に十分な説明をして理解を得ておくことが重要でしょう。
そして親族以外の友人や知人に関しても、家族葬の場合は基本的に会葬を断るケースが多いため、後日自宅へ弔問に訪れるというケースが少なくありません。
ですので、その対応が予想以上に大変になる場合があるため、故人が付き合いが多い場合などは、本葬とは別にお別れの会を開くなどの対応をするのもよいでしょう。

家族葬の通知方法

家族葬の通知方法 家族葬は、近親者やごく親しい友人のみで行う小さな葬儀のため、参列する人に対しての連絡は基本的には少人数になります。
メールによる連絡は受け取った人が見ていない可能性もあるため、電話を使って通知するのが基本です。
また家族葬でも香典の受け取りは普通にできますが、もし香典を断る場合は事前にそのことを伝えておけばいいでしょう。
一方で、参列を断る人に対しても今回の葬儀は近親者のみで行う旨を伝えておく必要があります。
特に親戚縁者で参列に呼ばない人には、後でトラブルにならないためにも家族葬の意味をしっかり伝えておくことが大切です。
会社関係者にはその会社の担当者に連絡をすることで一人一人に連絡をする必要はなくなりますし、近所の人に対しては自治会の代表者に連絡をすればいいでしょう。
会社関係者や近所の人に関しても、故人と特に関係の深かった人に関しては直接連絡をしても構いません。
ハガキで連絡する場合は、今回が家族葬であることを明記し、参列や香典などをお断りする旨をしっかり書いておく必要があります。
参列を断る人に対しては、葬儀前に連絡をしようとしても葬儀準備で慌ただしいこともあり時間が取れないことがあるため、葬儀後に通知しても構いません。

家族葬関連お勧めサイト

大阪府の各エリアにある家族葬の葬儀場・斎場・お葬式場です

大阪府対応の家族葬の葬儀場・斎場・お葬式