初心者のための家族葬情報サイト

基本的に部外者の弔問NG

基本的に部外者の弔問NG 近年葬儀の方法も故人の遺志が尊重されるようになり、大きな葬儀を希望されずに家族葬でごく近い方だけで最期のお別れを行う方が増えています。これまでの葬儀のスタイルでは家族以外の方で会社でお世話になった方やご近所の方を含めると多くの弔問がいらっしゃいますので受付や応対で家族が忙しく落ち着いて最期のお別れをすることが出来ないものでした。
一番最期の大切な時間を落ち着いて過ごしたいはずの家族が慌ただしくしているのは本来望まれる姿ではないでしょう。家族葬であればごく近い身内の方だけの葬儀になりますので、お互いに気を遣うことなく最期の時間を過ごすことが出来ます。家族葬のため弔問はご遠慮くださいというと、会社の方も分かっていただける方が増えてきました。
家族葬とはいえ、知らせるべきところにはきちんとお知らせをしておかなければ後から誤解を生むこともありますので、弔問は遠慮する旨を添えて、必要な各所へお知らせをするようにしましょう。

一般葬と家族葬での香典の扱いの違い

一般葬と家族葬での香典の扱いの違い 葬儀の連絡をもらったら、まず最初に用意をするのが香典です。一般葬の場合には当然のように香典を持参して参列するものですが、家族葬の場合にはその前に確認する必要があります。家族葬というのは元々限られた人だけで葬儀を執り行うもので、通常は親族以外からの香典を受け取らないことを前提としています。最初に葬儀の連絡をもらった時点で家族葬あるいは、近親者のみの葬儀ということを聞いているのなら持参しなくても大丈夫です。はっきりと香典は辞退すると伝えられている場合には、むしろ持っていくことは喪主に気遣いをさせてしまい負担になることを忘れてはいけません。遺族からすると故人を最後に送ってくれるという気持ちだけでも十分だと思っているものです。

ただどちらがいいのか迷う場合には、一応準備していってその場で臨機応変に対応すると良いです。またどうしても何かを故人のために届けたいという場合には、ささやかな花や線香など相手の負担にならないものを選び、お返しは不要と一言添えて渡しましょう。