納骨できないことがある?

納骨できないことがある?

納骨できないことがある? 就職や生活のために地方都市から都市部に転居するなど、お寺とのかかわりは生活スタイルとともに変化しています。
先祖代々暮らしている地元では、盆暮れ以外にも身近な血縁を偲んでお寺を訪れる機会も少なくありませんが、都会で生活しているとお墓参りも年に数回から数年に1回、帰省のついでにもなりがちです。
しかし、菩提寺は先祖を供養する手段であり、お骨を預ける倉庫ではありません。
時代とともに変わる価値観の多様化、故人や遺族の考え方から、親類縁者や知人を集めての告別式は行わなくても、葬儀は菩提寺の住職に事前に相談するのが、以後の供養をお願いするためにも礼に適った方法です。
家族葬を行いたい場合、その旨を菩提寺に伝えて、葬儀の後には納骨と囲碁の供養をお願いしたいということを事前にお知らせすることで行き違いを防ぐことができます。
葬儀と納骨を別のものと考え、葬儀は家族葬で済ませたのでお骨を預かってくださいではなく、家族の意向で家族葬としたいが、納骨と囲碁の供養をお願いすると事前に伝えることが効果的です。

家族葬でも戒名はつけてもらったほうがいい

家族葬でも戒名はつけてもらったほうがいい 近年では様々な事情により家族葬を選択するケースが増加傾向にあるようです。家族葬と一口に言っても一般葬のように祭壇などは用意するけれども参加者は近親者のみとするものもあれば、葬儀にできるだけ費用をかけたくないと僧侶も呼ばず火葬のみ執り行うものもあります。費用を抑えるというところでは戒名の問題がありますが、親しくしている寺院がありお墓があるというような場合には、戒名を付けていないと納骨を拒否されるケースがあり後々トラブルになることも考えられます。
すべての寺院がそうであるわけではないようですが、事前に住職と良く相談をしておくことをおすすめします。故人が仏教に対して信仰心を持っていたような場合であれば尚更でとてもかわいそうな見送り方となってしまいます。戒名はかなり値が張るというイメージがありますが、近年ではそういった声を受けてとてもリーズナブルな価格で対応をしてくれるところもあるので悔いのないようにしましょう。