初心者のための家族葬情報サイト

葬儀社は家族葬プランを用意しているの?

葬儀社は家族葬プランを用意しているの? 家族葬を選ぶ人が増えたことで、葬儀会社も家族葬プランを用意しているところが増えています。
10年ほど前は、まだ馴染みがなく言葉も定着していなかったことから、自由プランとして家族葬が行われていました。
しかし無宗教の人や、葬儀をもっと静かに内輪だけで行いたいという傾向が強くなっています。
寿命がかなりのびたことによって、仕事を退職してから時間がたってしまい、会社での付き合いがあった人と疎遠になっていることも、参列者の減少につながっているため盛大に行うのではなく静かな雰囲気の葬式にしたいと考える人が多いです。
また遠方に住んでいると、葬式に参列するのは大変ですから、そこで家族や親族だけで葬式をしようと考えることが増えています。
家族葬の需要が増えているので、葬儀会社もお得なプランにしてサービスを準備してます。
プランには棺や送迎する車、葬式を行う会場使用料など必要最低限のものが全て含まれています。
さらにオプションによって棺のグレードを上げるなど柔軟性があるので、満足のいく葬式を行うことができます。

家族葬を行うタイミング

家族葬を行うタイミング お葬式は経験することはあまりないため、いつお通夜や告別式を行うのかなどタイミングを知らない人も少なくありません。
お葬式は形式の一般葬や家族葬が一般的です。
一般的な葬儀や家族葬の流れは逝去日にお迎えと安置、2日目には安置から納棺、お通夜という流れから3日目には告別式から火葬となります。
火葬のタイミングは火葬場の空き状況や御僧侶の予定など含め決定します。
また、法律で亡くなってから24時間は安置することになります。
地域にもよりますが一般的にお通夜は18時ぐらいからスタートします。
1時間ほど終了しますが、その後には故人との最後の食事が1時間ほど行われます。
次の日には葬儀や告別式が行われます。
開始時間は10~15時の間で行われることが多く、40分程ですが、そのあとに親しい人のみで出棺や火葬そして精進落とし、納骨となります。
お通夜や告別式ともに遺族や親せきは1~2時間前にそして一般会葬者はお通夜がはじまる20分前には式場に到着するようにします。