初心者のための家族葬情報サイト

家族葬のお知らせを電話で行う際に伝えるべきこと

家族葬のお知らせを電話で行う際に伝えるべきこと ここ数年は、亡くなった故人や残された家族の意向で親しい身内だけでお見送りする「家族葬」が増えてきています。
一般の弔問者に気を遣うことなく、ゆっくりと故人と別れができることが主な理由の一つです。
話し合いのうえで家族葬を執り行うことが決まったら、そのお知らせを電話で行う必要があります。
参列する予定である家族や親しい人に対しては通夜や告別式の日時を連絡し、ご近所や会社関係、友人、知人などの一般の弔問者に関しては、生前の故人との交流に関して感謝の意を伝えるとともに、家族葬を行う前後に「家族葬で執り行うため参列や弔問、香典や弔電を辞退する旨」を伝えましょう。
時には「参列したい」とおっしゃる方もいるかもしれませんが、そういった時にもあくまで「故人や家族の意向です」ということを伝えるべきです。
連絡をする人数が多い場合には、代表者の身に連絡をし「お手数ではありますが皆さまにもお伝えください」と頼んでみてもよいでしょう。

家族葬についてメールで知らせるときの注意点

家族葬についてメールで知らせるときの注意点 近年では葬儀の形式も大きく様変わりしており、様々な事情により家族葬という形を選択する遺族も増えて来ました。
また訃報を伝える手段としても基本的には電話か書面がマナーとは言われていますが、通夜や告別式までの時間があまりもてないケースも多いためメールで連絡をすることも増えています。
家族葬で執り行うこととなったのであればその旨を記載しなければなりませんが、トラブルを避ける為にも故人の遺志でなどと理由をきちんと説明し、かつ香典や弔電をお断りすることまで明記しておく必要があります。
訃報のメールを打つ場合には、誰がいつ亡くなったのか、できれば死因や享年を書き添えるとともに、家族葬で見送る旨を明記することで葬儀場や日時は省略します。
大切な家族を亡くした直後ということもあり遺族もパニック状態になっていることが多いですが、メール伝達ゆえ何度も読み返し文面にミスがないかどうか確認をしてから送るということに注意しましょう。