お寺との関係

お寺との関係

お寺との関係 最近は身内に不幸があったことを不特定の多くの人に知らせて葬儀を営むということが少なくなりつつあります。
特に地方においては核家族ということもあって、お歳よりだけがそこに住んでいるというケースが多くなり、そのお年寄りが亡くなった場合、多くの人にお知らせする葬儀を営んでも、弔問に来てくださった方々に対して、その方々の身内にご不幸があったときに、葬儀のことを知らないまま失礼してしまうということになりかねないからです。
そこで身内と極めて小範囲の親戚などで家族葬という葬儀形態を選ぶということになります。
でも、葬儀の規模や御清めの席を小さな規模にするだけでいいのか、お寺との関係はどうなるのかという疑問が残りそうですが、心配することは全くありません。
一般的な葬儀形態と同じで、お坊さんに読経していただくことや、納骨の儀式などで変るものはないのです。
むしろこれからの葬儀形態ということからすると、家族葬の方が時代にマッチしているということさえ言えそうです。
それは少子高齢化とかと人口の都心集中とか、できるだけ多くの人が参列するという価値観がなくなってきているということからになります。

近年では費用の安い家族葬を選択される方が増えています

近年では費用の安い家族葬を選択される方が増えています 最近では、葬儀は明朗化し、費用も少し下がったと言われています。
それでも一般の葬儀会館で葬儀を営めば140~180万円程度は必要だと言われています。
こうした費用が無駄だと考え、またごく親しい家族・親族・友人で小規模でも故人を偲ぶしめやかな葬儀の方が良いと家族葬を選択される方が増えているのです。
家族葬専用会館は、一般の葬儀会館の様な立派さや派手さはありませんが、実質本位である事と、式場が狭くて祭壇が安く済む事で80万円程度で十分営む事が出来るのです。
葬儀を終えると、次に遺族を悩ませるのが、納骨・埋葬をどうするのかという点です。
先祖代々のお墓があり、そこに埋葬して維持できるならそれでよいのですが、新たに納骨・埋骨施設を探される場合、永代供養の納骨堂等を利用される方が増えています。
これも霊園を購入し、お墓を建立しても少子化の影響で、いつ無縁化するか分からず、そんなリスクを抱えて高いお金を掛けるのは無駄だと考える方が増えているからです。
故人を悼み、偲ぶ気持ちがあれば十分で、見栄を張る必要は決してないと考えられる時代になったと言えるのでしょう。